結婚指輪に文字を入れたい

プロポーズを受け、一生に一度の結婚式を控えて慌ただしくも幸せな日々をおくる新郎新婦の二人ですが、大事な結婚指輪を選ぶとき、ぜひ考えてほしいことがあります。

結婚指輪は、宝石店で好みのデザインを選び、指のサイズを測って注文をして、受け取って終わり…だと思っている方が多いのではないでしょうか。最近では、結婚指輪の内側にメッセージを彫ることが出来るのです。イニシャルや結婚記念日の日付などが一般的ですが、他にも相手に向けた愛の言葉を英語や日本語で彫ったりするカップルもいます。人に見られたら恥ずかしいと遠慮する人もいるかもしませんが、指輪の内側は外さないと見えませんし、人前で外すこともあまりありませんので大丈夫です。

また、メッセージ以外にも、宝石をはめ込むこともできます。外側にダイヤモンドを埋め込んだデザインが多いのですが、サムシングブルーといって、結婚を控えた新郎新婦が何か青い物を身に着けると幸せが訪れるというおまじないが欧米では有名です。ですので、青いサファイアなどの石を内側にはめ込んだデザインに出来る指輪も増えてきています。値段は宝石の分少し高くなりますが、石などの装飾は仕事中に付けづらいし…と躊躇する男性にぴったりだと思います。

もし人前で外す時も、ちらっと青い宝石が見えるとオシャレですよね。長い間、二人の絆を表す結婚指輪ですので、少し人とは違うこだわりを持って選んでみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *